租税研究大会

租税研究大会

 日本租税研究協会では、創立以来、毎年秋に財政、税制、税務会計、国際課税に関する諸問題について東京・大阪で租税研究大会を開催しています。官界、学界、産業界等の学識経験者等により、研究成果の報告、公開討論が行われます。
 租研の事業活動にふさわしい財政・税制に関する調査、研究、情報発信機能を重視したものを引き続き実施して参ります。会員に対して、講演、討論等を通じて情報提供を実施するとともに、協会外部への情報発信を行い、公益的活動の推進、当協会のプレゼンス向上に資するものとして継続して行って参ります。  なお、令和2年度については、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、従来、東京と大阪の会場で実施しておりました大会を一本化しオンラインによるライブ配信により、9月16~17日に開催致しました。