法人課税研究会(法人税研究会、税務会計研究会)

 通達等検討会では、税法の解釈・適用や実務上の取扱いが不明確・不確定な事項について、税制・税務執行における予測可能性・透明性の確保、企業の税務リスクの解消に資することを目指して、専門家(税理士)の協力の下、行政当局との意見交換を通じて通達等による明確化を図るなどの活動を行っています。
 令和6年度においても、法人税・国際課税関係の改正事項を中心に、会員の意見・要望の集約、行政当局への提言、通達への反映等に積極的に取り組んで参ります。