会員懇談会

会員懇談会

 国内課税及び国際課税に関する、理論面、実務面における重要な課題をテーマとして、幅広く懇談会を開催しています。租研が行う税制改正に関する「租研意見」の形成に資する有益な情報の習得に配慮するとともに、「税制改正説明会」、『決算・申告への留意事項」等の当局から情報発信、研究者・実務家の調査・研究報告等を、会員のニーズならびに時代の要請に即して、タイムリーかつバランスよく提供することを目指します。
  国際課税分野においては、税源浸食と利益移転(BEPS)行動計画への対応を中心として、会員の関心の高い租税条約、外国子会社合算税制、移転価格税制等の個別分野やOECDを含む欧米、中国等をはじめとする最新の海外税制動向等について情報提供を行って参ります。
(平成30年度の会員懇談会開催実績 76回)