公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2013年7月 | 2013年8月 | 2013年9月 | 2013年10月 | 2013年11月 | 2013年12月 |
| 2014年1月 | 2014年2月 | 2014年3月 | 2014年4月 | 2014年5月 | 2014年6月




2014/6

租税研究(第776号)
JUNE

CONTENTS
     
論調
  天安門から四半世紀-------------------------------------------------- 市村友一
(公社)日本研究協会第66回定時総会------------------------------------
当面の経済産業政策行政について------------------------------------ 西山圭太
大局的アベノミクスが見落とす局所的な地方分権の課題------------------- 西川雅史
専決処分による地方税条例の改正について----------------------------- 浦東久男
法人・リスク・課税------------------------------------------------- 神山弘行
文書回答制度を含む事前照会について-------------------------------- 大久保勇
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第8回)----------------- 品川芳宣
法人税改革―課税ベースの拡大と税率引き下げの意味するところ----------- 森信茂樹
国際課税 電子商取引と課税------------------------------------------------- 渡辺智之
移転価格税制と寄附金課税 法令解釈の理論と新聞報道事例の事実認定------ 遠藤克博
国際租税の潮流--------------------------------------------------- 宮武敏夫
【海外論文紹介】
途上国における一般的租税回避否認規定(GAAR)----------------------- 青山慶二
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [フランス・OECD・ロシア・米国・中国]  
業務報告・会合案内  
租研会員みなさまへのお知らせ
クールビズ・お知らせ
資 料 第66回定時総会資料


▲このページのトップへ




2014/5

租税研究(第775号)
MAY

CONTENTS
     
論調
  難産だったエネルギー計画------------------------------------------- 大高和雄
産業競争力強化法について------------------------------------------- 吉本豊
東日本大震災における防災集団移転促進事業と復興の課題---------------- 中野英夫
社会保障・税番号制度の概要----------------------------------------- 浅岡孝充
企業組織再編税制について(純資産の部の取扱いを中心として)------------ 神野安弘
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第7回)------------------- 品川芳宣
国際的役務提供に対する消費税課税の問題点〜立法論の観点から---------- 佐藤英明
合併に関する会計処理と税務処理-------------------------------------- 多田雄司
事例からみる最近の法人税の改正点と留意点
―平成26年3月期の確定申告を迎えるに当たって―----------------------- 成松洋一
国際課税 国際課税における重要な課税原則の再検討(第7回)
課税紛争の現状と紛争解決メカニズムを支える原則の見直しの必要性―---- 本庄 資
米国上院財政委員会―国際課税制度改革に関する提案書---------------- 野本 誠
【海外論文紹介】
マルチ税務行政執行共助条約の注釈を読む---------------------------- 増井良啓
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・ドイツ・スウェーデン・英国・米国]  
実務講座法人税 「当初申告要件」及び「適用額制限」に係る留意点------------------------ 田口敏也
業務報告・会合案内  
クールビズ・お知らせ


▲このページのトップへ




2014/4

租税研究(第774号)
APR

CONTENTS
     
論調
  日本の「モノづくり」は大丈夫か―ソチ五輪を観ながら考えた------------------ 五十嵐徹
消費税申告に当っての留意事項--------------------------------------- 瀧田信宏
大規模法人に対する審理上の留意事項--------------------------------- 森下芳雄
法人税申告に当たっての留意事項(平成25年度税制改正を中心として)--------- 新免久弘
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第6回)------------------- 品川芳宣
国際課税 シンガポール税制と国際課税----------------------------------------- 駒宮史博
  OECD無形資産移転価格ガイドライン
―2013年7月30日付改訂ディスカッションドラフトについて―------------------ 宮武敏夫
終わることのない債務上限の危機-------------------------------------- ニール・ブキャナン
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・ベルギー・ブラジル・オランダ・英国・米国]  
業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2014/3

租税研究(第773号)
MAR

CONTENTS
     
論調
  空き家問題に向き合おう---------------------------------------------- 天野真志
税務行政の現状と課題----------------------------------------------- 稲垣光隆
平成26年度税制改正について------------------------------------------ 田中一穂
平成26年度税制改正の動向------------------------------------------- 米田耕一郎
平成26年度経済産業関係税制改正要望について--------------------------- 新居泰人
最近の金融証券税制等について---------------------------------------- 白川俊介
国税に関する審査請求の現状と裁決の動向------------------------------- 坂元弘一
大規模法人の法人税申告に当たっての留意事項--------------------------- 吉松幸一
法人税申告に当っての留意事項---------------------------------------- 森田 太
消費税申告に当たっての留意事項-------------------------------------- 片山正史
国際課税 最近の相互協議の状況----------------------------------------------- 城地徳政
  英国におけるGeneral Anti-Abuse Rule立法の背景と意義-------------------- 今村 隆
2013年度IFA年次総会(コペンハーゲン大会)報告会------------------------- 角田享介
居波邦泰
井上康一
吉村政穂
青山慶二
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・米国・カナダ・イタリア・デンマーク・ジブラルタル・パナマ・クック諸島  
・イスラエル・チリ]
実務講座法人税 法人が支払う「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料の取扱いについて-------- 森高厚胤
業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2014/2

租税研究(第772号)
FEB

CONTENTS
     
論調
  アベノミクス中間評価―企業業績回復,賃金への波及が鍵------------------ 川北隆雄
平成26年度与党税制改正大綱のポイント-------------------------------- 田中一穂
少子高齢化への処方箋〜世界のモデルになる政策を〜------------------- 山重慎二
人口高齢化と負担の変化--------------------------------------------- 日高政浩
否認規定と中間持株会社-------------------------------------------- 中里 実
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第5回)------------------ 品川芳宣
国際課税 国際課税における重要な課税原則の再検討(第6回)
アグレッシブ・タックス・プランニングに利用される
国際課税ルールの特定とその問題点―----------------------------- 本庄 資
  インターネット等を使った国外からの役務提供取引事業所得に対する所得課税について-- 駒宮史博
知的財産等の移転価格問題とtime value of money等の移転---------------- 浅妻章如
Global Tax Policy and Controversy Seminar----------------------------- デイビット・ガウク
クリス・サンガー
ロバート・ハンソン
関谷浩一
帰属主義(AOA)導入に関する欧州の経験と対応及びBEPSでの議論の最新動向-- リチャード・コリアー
鬼頭朱美
岡田至康
取引単位営業利益法―実務的側面を中心に―-------------------------- 山本 武
【海外論文紹介】
VATとクラウド−VATの納税義務の理解------------------------------ 沼田博幸
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・オランダ・米国・インドネシア・IBFD・オーストラリア]  
業務報告・会合案内  
    掲載記事についての訂正削除とお詫び  


▲このページのトップへ




2014/1

租税研究(第771号)
JAN

CONTENTS
     
年頭所感
  国際社会をリードするに足る日本経済の再生と税制抜本改革を-------------- 西田厚聰
論調
  未完の社会保障・税一体改革----------------------------------------- 大林 尚
新春座談会
  国際課税を巡る最近の課題と展望------------------------------------- 青山慶二
合間篤史
鈴木一路
吉村政穂
(司会) 増井良啓
安倍政権下の財政・税制・社会保障政策の方向性をめぐって:
公共選択新旧諸理論の観点から--------------------------------------- 小澤太郎
車体課税の現状と課題----------------------------------------------- 上村敏之
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第4回)------------------ 品川芳宣
更正の請求制度とその周辺の課税上の諸問題(全3回)第3回-------------- 大淵博義
IFRSを巡る最近の動向(J-IFRSの導入)について------------------------ 島田眞一
国際課税
  租税条約の現状について------------------- 武田一彦
【海外論文紹介】
意味ある法人の税法上の居住地-------------------------------------- 大野雅人
資本と利益の同時、混合配当に関する裁決事例
(平成24年8月15日審判所裁決)の争点とその問題点−------------------- 大島恒彦
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・米国・フランス・ポーランド・ベルギー・スペインノルウェー・ガボン・韓国・中国・インドネシア]  
実務講座法人税 過大支払利子税制の損金不算入額の計算における留意点---------------- 橋正朗
業務報告・会合案内  
    租税研究・目次集(平成25年1月〜平成25年12月)  
 資 料   平成26年度税制改正大綱(平成25年12月12日 自由民主党,公明党)  


▲このページのトップへ




2013/12

租税研究(第770号)
DEC

CONTENTS
     
論調
  安倍首相はリベラル派?----------------------------------------------- 市村友一
    更正の請求制度とその周辺の課税上の諸問題(全3回)第2回---------------- 大淵博義
各会計基準の申告調整実務-------------------------------------------- 太田達也
国際課税
  主要な国際課税訴訟の論点とこれらが実務に与える影響------------------- 秋元秀仁
国際課税における重要な課税原則の再検討(第5回)
―BEPS に対応するOECD の行動計画とその問題点―--------------------- 本庄 資
オンライン小売業者に対する米国州税等の動向--------------------------- 矢内一好
国際的事業再編に係る無形資産取引−実務的問題を中心に−------------- 山本 武
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・EU(英国)・EU・スウェーデン・南アフリカ(英国)・インド]  
    租研からのお知らせ  
業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2013/11

租税研究(第769号)
NOV

CONTENTS
     
  中里政府税制調査会会長に「平成26年度税制改正に関する租研意見」
を谷口租研副会長より提言---------------------------------------------
論調
  東京五輪で豊かになろう----------------------------------------------- 大高和雄
    平成25年度法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)の解説----- 大澤幸宏
平成24年度 個人住民税検討会報告書について--------------------------- 林 宏昭
付加価値税とインボイス−電子納税化を視野に入れて−--------------------- 玉岡雅之
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第3回)--------------------- 品川芳宣
更正の請求制度とその周辺の課税上の諸問題(全3回)第1回----------------- 大淵博義
近時の判例等にみる租税法の原理・原則--------------------- 平川雄士
国際課税
  中国における反租税回避の発展と業務重点-------------------------------- 王 暁悦
宮嶋大輔
スペンサー・チョン
税制改革に関する韓国・中国・インド・日本4カ国シンポジウムの概要------------ 青山慶二
信託税制研究:英国事例(Astall事件及びMayes事件)の紹介と
金融所得課税モデルの応用-------------------------------------------- 浅妻章如
【海外論文紹介】
悲しみのジェット・プレーン:米国における国籍離脱の課税上の帰結------------- 一高龍司
租税法における社会保障とジェンダー------------------------------------- 加藤友佳
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [IFA・EU・フィンランド・ロシア・オランダ・ドイツ・英国・米国・中国]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2013/10

租税研究(第768号)
OCT

CONTENTS
     
  麻生副総理兼財務大臣に「平成26年度税制改正に関する租研意見」
を西田租研会長より提言-----------------------------------------------
論調
  黙っていたって分からない----------------------------------------------- 五十嵐徹
    平成26年度税制に関する租研意見----------------------------------------
税制についての租研会員の意見調査結果----------------------------------
    最近の税制を巡って〜税源浸食と利益移転に関する国際課税の動き〜----------- 田中一穂
社会保障制度改革国民会議報告書について-------------------------------- 駒村康平
アベノミクスの出口戦略と財政再建---------------------------------------- 井堀利宏
消費税の逆進性緩和策について----------------------------------------- 橋本恭之
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第2回)--------------------- 品川芳宣
通達行政と司法によるチャレンジ
(評価通達に関する平成25年2月28日東京高裁判決を題材として)------------- 宰田高志
国際課税
  米国における最近の国際的租税回避に対する議論の状況-------------------- 今村 隆
租税法と家族の新たな問題〜米国DOMA・英国CPAを中心として〜------------- 加藤友佳
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・オーストラリア・米国・インド・英国]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2013/9

租税研究(第767号)
SEPT

CONTENTS
     
論調
  「食品ロス」削減へ地道な努力を-------------------------------------------- 天野真志
    消費税率引上げに伴う経過措置等の取扱いについて-------------------------- 上竹良彦
浜端達也
費用分担契約と取引単位の問題について----------------------------------- 一高龍司
ローマ法と租税法−ローマ法の現代における意義---------------------------- 中里 実
消費税をめぐる諸課題 軽減税率,インボイス------------------------------- 森信茂樹
タックス・ベネフィット・ルールと遡及的調整---------------------------------- 橋祐介
平成25年度税制改正の概要解説----------------------------------------- 平川忠雄
連結納税の選択と留意事項--------------------------------------------- 諸星健司
資本取引の税務・会計-------------------------------------------------- 太田達也
国際課税
  主要国における金融セクターPE課税について------------------------------- 中村信行
国際課税における重要な課税原則の再検討(第4回)
BEPS に対応するための所得帰属原則(Income Attribution Principle)の再検討--- 本庄 資
最ハイブリッド・ミスマッチ・アレンジメントによる外国税の納税義務と所得の分離----- 吉村政穂
〜Foreign Tax Credit Splitter Regulationsによる米国の対応
2012年10月19日付恒久的施設の定義に関するOECD改訂提案について---------- 宮武敏夫
【海外論文紹介】
誰の「宝島(Treasure Islands)」か?グローバル経済におけるタックス・ヘイブンの役割-- 池田義典
    各国税制事情---------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・米国・EU(ブルガリア)・EU(スペイン)・ジャマイカ・マレーシア・中国  
・ニュージーランド・オーストラリア]
    業務報告・会合案内  
初心者向け 国際課税基礎講座 開催のお知らせ


▲このページのトップへ




2013/8

租税研究(第766号)
AUG

CONTENTS
     
論調
  「くたばれGNP」再考−国民が豊かになる条件------------------------- 川北隆雄
    日本経済の成長戦略--------------------------------------------- 大田弘子
地方税制の現状と課題−税制抜本改革の実現に向けて−-------------- 平嶋彰英
税務行政の国際的な動向----------------------------------------- 上田衛門
平成25年度法人税関係の改正(含む政省令事項)(国際課税を除く)について-- 藤田泰弘
地方財政と地方消費税−地方税制の抜本的改革に向けて−-------------- 佐藤主光
国税通則法の実務解説
−国税手続等の法理と実務上の問題点を解明−(第1回)---------------- 品川芳宣
神奈川県臨時特例企業税最高裁判決と課税自主権-------------------- 藤枝 純
平成25年度税制改正の実務ポイント--------------------------------- 上西左大信
国際課税
  大規模法人の税務の課題−国際課税を中心に−----------------------- 山川博樹
国際課税を巡る最近の動向----------------------------------------- 櫻井 守
最適方法ルールと日本の利益分割法-------------------------------- 望月文夫
米国移転価格課税の最近の動向について---------------------------- R.L.スローウィンスキー
G.ティエン
【海外論文紹介】
米国の国際課税制度改革と米国のテクノロジー産業:雲はまだ漂っている----- 青山慶二
GAAR STUDY:包括型租税回避対抗規定が英国税制に導入される
べきか否かについての検討 アーロンソン報告書(2011年11月11日)---------- 岡 直樹
    各国税制事情--------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・ジャージー・オランダ・ドイツ・インド]  
実務講座法人税 法人税法上の「役員」の意義----------------------------------------- 小原一博
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2013/7

租税研究(第765号)
JULY

CONTENTS
     
論調
  「牛じゃあるまいし」などと言ってられるか------------------------------- 大林 尚
    平成25年度の国際課税(含む政省令事項)に関する改正について--------- 安河内誠
山田博志
市町村国保財政の仕組みと現状------------------------------------- 林 正義
日本の所得課税について------------------------------------------ 八塩裕之
税制の円滑な実施に大きな影響を与えている要因について-------------- 荒井英夫
組織再編税制における実務上の留意点------------------------------ 田代和之
法人税改革と地方税改革について--------------------------------- 森信茂樹
消費税率引上げに伴う経過措置について--------------------------- 和氣 光
国際課税
  インドネシアにおける優遇税制及び移転価格税制の現状について-------- P.M. John L. Hutagaol
Leli Listianawati
三塚一彦
日豪相互協議の現状--------------------------------------------- Hayden Wells
中宇根幹夫
移転価格の事前確認の手続きについて----------------------------- 山ア 昇
国際課税における重要な課税原則の再検討(第3回)
−居住ベース課税原則と源泉ベース課税原則の再検討---------------- 本庄 資
オフショアを利用した租税回避と対応策----------------------------- 川田 剛
国連モデル条約に基づく2012年移転価格マニュアルについて------------ 青山慶二
ミャンマー進出の租税戦略----------------------------------------- 久隆太
オーストラリアの税務における最新動向------------------------------- アンソニー・シーブ
デイビッド・ボンド
鈴木彩子
吉岡伸朗
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・米国・グアテマラ・EU・ノルウェー・ギリシャ・ドイツ・ハンガリー・ジャージー]  
    業務報告・会合案内  
第65回租税研究大会のお知らせ

▲このページのトップへ