公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2010年7月 | 2010年8月 | 2010年9月 | 2010年10月 | 2010年11月 | 2010年12月 |
| 2011年1月 | 2011年2月 | 2011年3月 | 2011年4月 | 2011年5月 | 2011年6月


2011/6

租税研究(第740号)
JUNE

CONTENTS
     
論調 大震災とツイッター---------------------------------------------- 市村友一
    日本租税研究協会第63回通常総会
租税条約等に基づく情報交換,相互協議を巡る最近の動向----------- 杉江 潤
最近の国際課税判決の動向─武富士事件------------------------ 水野忠恒
企業課税の問題・課題と地方課税--------------------------------- 山田雅俊
租税競争と租税協調について----------------------------------- 日高政浩
電子徴税システムと納税協力費に関する研究─韓国における
電子徴税システムに関するヒアリング調査研究からの考察--- 横山直子
為替変動下の法人税制----------------------------------------- 成道秀雄
構成員課税における税務会計上の問題─組成・清算と結合・分割------- 平野嘉秋
グループ法人税制における寄附金の処理とその問題点--------------- 大島恒彦
国際課税
  租税条約及び移転価格税制に関するOECDにおける
最近の議論と動向について--------------------------------------- Mary C. Bennett
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [英国・ガーンジー・スイス・ノルウェー・OECD・EFTA(アイスランド)・  
EU(ベルギー)・EU(米国/WTO)・米国・パナマ・ニュージーランド・マレーシア]
    業務報告・会合案内  
資 料 税務統計から見た法人企業の実体(平成21年度分会社標本調査)
第63回通常総会資料

▲このページのトップへ



2011/5

租税研究(第739号)
MAY

CONTENTS
     
論調 資源なき国の最大の資源は「日本人」---------------------------- 中村秀明
最近の国際課税判決の動向
─ファイナイト保険課税事件に関する判決の検討--------------------- 水野忠恒
企業結合とのれん-------------------------------------------- 阿部泰久
個人住民税の税率フラット化と機能(役割)の変化-------------------- 望月正光
地方税制の問題点とあり方について------------------------------- 上西左大信
消費税申告にあたっての留意事項-------------------------------- 栗村慶一
減価償却資産等に係る税務上の取扱い---------------------------- 新屋浩樹
国際課税
  租税条約の現状について--------------------------------------- 大石一郎
オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第6回)
─ ヨーロッパのオフショア・タックス・ヘイブンおよびOFCの税制等
と国際的タックス・プランニング------------------------------------ 本庄資
【海外論文紹介】
欧州裁判所の法理の一貫性について:「負の所得」の事案-------------- 中村信行
2009年マレーシアモデル租税条約草案----------------------------- 横浜国際租税法研究会
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・英国・オランダ・イタリア・スペイン・フィンランド・ジャージー・  
ロシア・中国・インドネシア・タイ・ニュージーランド・ベネズエラ]
実務講座法人税 株主が個人である場合の無対価合併に係る適格判定について------------ 東辻淳次
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ



2011/4

租税研究(第738号)
APRIL

CONTENTS
     
論調 「ネット革命」というけれど--------------------------------------- 五十嵐徹
「Fiscal Monitor?−アジア諸国の財政状況」および「金融機関に対する C. コッタレリ
課税のあり方及び財政健全化のために採るべき税制オプション」-------- M. キーン
長期及び短期の従業員給付の会計と税務処理---------------------- 岩ア政明
租税特別措置法通達(外国子会社合算税制関係)の一部改正について---- 大澤幸宏
大規模法人に対する審理上の留意事項(その2.連結納税制度を中心に)-- 長井伸仁
組織再編税制における実務上の留意点----------------------------- 林 浩二
税制関係を踏まえた法人税申告に当たっての留意事項---------------- 佐々木拓己
消費税申告に当たっての留意事項について------- 安立浩久
国際課税
  相互協議の現状について----------------------------------------- 猪野 茂
「シンガポールにおける移転価格税制の執行方針及び現状」 Chai Sui Fun
および「日本・シンガポール相互協議の状況」------------------------- 城地徳政
OECD移転価格ガイドラインの2010年改正について------------------- 宮武敏夫
湾岸諸国の経済・税務環境とクウェート税制の最近の動向------------- F.ダグラス
S.A.ファタ
土井 尚
国際源泉課税の要点整理---------------------------------------- 小畑孝雄
【海外論文紹介】年金資金運用基金事件における最高裁判決----------- 今村 隆
【海外論文紹介】事業を行う一定の場所の自由利用性----------------- 駒宮史博
    各国税制事情--------------------------------------------------- 租研事務局
    [米国・コロンビア・台湾・EU(独・英・愛)・ジャージー・オランダ・  
ルクセンブルグ・ポルトガル・イタリア]
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ



2011/3

租税研究(第737号)
MARCH

CONTENTS
     
論調 国をひらく 農をひらく-------------------------------------------- 坂本裕寿
平成23年度税制改正案について---------------------------------- 古谷一之
平成23年度地方税制改正案について------------------------------ 岡崎浩巳
平成22年6月30日付課法2−1ほか1課共同「法人税基本通達等の
一部改正について」(法令解釈通達)の趣旨説明--------------------- 森 文人
大規模法人に対する審理上の留意事項(その1.資本グループ関係)----- 長井伸仁
関連会社に対する投資及び投資不動産----------------------------- 小川一夫
課税訴訟における要件事実論(第7回)──応用編・国際課税2---------- 今村 隆
構成員課税における税務会計上の問題──構成員の新規加入と脱退---- 平野嘉秋
ファイナイト再保険租税訴訟の解説
──国際的な再保険取引に関する課税処分を争って勝訴した事例------- 弘中聡浩
グループ法人税制の今------------------------------------------ 中村慈美
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第5回)
──カリブ海のオフショア・タックス・ヘイブンおよびOFCの税制等と
国際的タックス・プランニング--------------------------------------- 本庄 資
国際的組織・事業再編成等が惹起する課題(後編)--------------------- 松田直樹
    各国税制事情--------------------------------------------------- 租研事務局
    [フィンランド・フランス・ベルギー・英国・EU・エチオピア・オランダ領アンティル  
・米国・カナダ・中国・ロシア]
実務講座法人税 グループ法人税制等についての質疑応答事例------------------------ 大澤幸宏
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ

2011/2

租税研究(第736号)
FEB

CONTENTS
     
論調 「夢」と散ったマニフェスト------------------------------------------ 川北隆雄
税務行政の現状と課題------------------------------------------- 川北 力
新春座談会
少子・高齢化社会における持続可能な社会保障制度改革---------------- 和泉徹彦
大森正博
中野英夫
林 正義
山重慎二
駒村康平
外国為替レート変動の影響-------------------------------------- 柳澤義一
伊藤 眞
平成22年度税制改正後の清算中の法人税申告における実務上の取扱いに関する解説-- 藤井敏央
鈴木康平
非上場企業会計の新たな局面------------------------------------- 品川芳宣
課税訴訟における要件事実論(第6回)─応用編・国際課税1------------- 今村 隆
Law and Financeの視点から見た課税制度--------------------------- 錦織康高
国際課税
  AOAの導入と人的役務のPE認定---------------------------------- 伴 忠彦
国際課税における実務上の諸問題---------------------------------- 川田 剛
国際的組織・事業再編成等が惹起する課題(前編)-------------------- 松田直樹
OECDモデル条約第7条の2010年改正------------------------------ 宮武敏夫
【海外論文紹介】
金融仲介サービスに対する消費課税について------------------------- 沼田博幸
書 評 金子 宏・著「所得税・法人税の理論と課題」及び「租税法理論の形成と解明」--- 吉村 政穂
    各国税制事情--------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・アイルランド・英国・デンマーク・ベルギー・ポーランド・ロシア・中国・カナダ  
米国・エルサルバドル・オーストラリア・ブルネイ・タイ]
    業務報告・会合案内  
資 料 平成23年度税制改正大綱


▲このページのトップへ



2011/1

租税研究(第735号)
JAN

CONTENTS
     
年頭所感
消費税を含む抜本的税制改革の早期実現を--------------------------- 今井 敬
論調 迷っている場合ではない!------------------------------------------ 大林 尚
生活保護と地方財政--------------------------------------------- 林 正義
クロスボーダー組織再編行為に対する組織再編税制の適用------------ 武井一浩
ヨーロッパにおけるM&A法制・税制の概要--------------------------- 佐藤修二
金融商品------------------------------------------------------ 米山正樹
有形固定資産の会計と税務-------------------------------------- 坂本雅士
企業誘致政策が地方財政に与えた影響---------------------------- 武者加苗
課税訴訟における要件事実論(第5回)──応用編・加算税------------ 今村 隆
連結納税制度と平成22年度税制改正------------------------------ 渡邊芳樹
平成22年度税制改正がM&Aの実務に与える影響-------------------- 大石篤史
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第4回)
──オフショア・タックス・ヘイブンに関するアメリカの基本戦略の変化-------- 本庄 資
国内源泉所得における1号所得と2号所得以下の関係--------------------- 矢内一好
【海外論文紹介】
CFC税制はどこでも同一の内容か;所得帰属方法のインパクト------------- 青山慶二
    各国税制事情---------------------------------------------------- 租研事務局
    [英国・マン島・イタリア・EU・EFTA・米国・パナマ・オーストラリア・南アフリカ]  
実務講座法人税 災害が生じた場合の法人税の取扱いについて------------------------ 森 文人
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2010/12

租税研究(第734号)
DEC

CONTENTS
     
論調 カンジアンの経済政策---------------------------------------------- 小此木潔
平成22年度税制改正のうち主にグループ法人税制に関する通達
及び質疑応答事例について----------------------------------------- 森 文人
無形資産------------------------------------------------------- 多田雄司
課税訴訟における要件事実論(第4回)──応用編・相続税,消費税--------- 今村 隆
自己株式取得の諸態様とその税務処理──平成22年度改正との関連------ 大島恒彦
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第3回)
──オフショア・タックス・ヘイブンを利用するダークサイドに対する国連等の対応-- 本庄 資
移転価格税制を巡る諸問題──コンプライアンスと納税者負担の観点から----- 飯守一文
【海外論文紹介】
米国両議院税制委員会の所得移転事例研究を読む---------------------- 増井良啓
米国のコスト・シェアリング契約に係る移転価格訴訟への考察
──ザイリンクス事案及びベリタス事案--------------------------------- 居波邦泰
1968年欧州経済共同体モデル租税条約草案---------------------------- 横浜国際租税法研究会
    各国税制事情------------------------------------------------------ 租研事務局
    [米国・プエルトリコ・中国・オーストラリア・EFTA・EU・ベルギー・ブルガリア  
・ルーマニア・ラトビア・ウクライナ]
〈租税法学会研究総会レポート〉
所得税制の最近の動向(租税法学会第39回研究総会から)----------------- 租研事務局
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2010/11

租税研究(第733号)
NOV

CONTENTS
     
  野田税制調査会会長に「平成23年度税制改正に関する租研意見」
を今井租研会長より提言------------------------------------------
論調 ポイント制度に学ぶ「信頼」の経済----------------------------------- 中村秀明
平成23年度経済産業省の概算要求における税制改正要望について--------- 保坂 伸
税制改革の論点------------------------------------------------- 國枝繁樹
公立病院を取り巻く諸問題----------------------------------------- 大森正博
法人課税の動向について──理論と現実の交錯----------------------- 玉岡雅之
課税訴訟における要件事実論(第3回)──応用編・法人税--------------- 今村 隆
<信託と税制シリーズ:第3回(全3回)>
収益留保型信託等について---------------------------------------- 佐藤英明
「良い租税」としての消費税の条件
──EU付加価値税30年の検証を踏まえて---------------------------- 西山由美
会計基準のコンバージェンスと確定決算主義
──日本公認会計士協会租税調査会研究報告第20号------------------ 高田正昭
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第2回)
──オフショア金融センター(OFC)の現状と問題点--------------------- 本庄 資
国際課税における最新の実務上の諸問題──租税法曹実務家の視点から--- 平川雄士
特約遺族年金方式の保険金のうち,相続税を課しうる
年金元本と所得税を課しうる年金収益--------------------------------- 木村弘之亮
    各国税制事情---------------------------------------------------- 租研事務局
    [IFA・パナマ・香港・中国・ケイマン諸島・インドネシア・オランダ・スイス・ロシア]  
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ



2010/10

租税研究(第732号)
OCT

CONTENTS
     
論調
  強い国づくり等の公約は正しい--------------------------------------- 五十畑隆
    平成23年度税制改正に関する租研意見--------------------------------
税制についての租研会員の意見調査結果------------------------------
固定資産の減損会計と税法の関係----------------------------------- 島田眞一
法人住民税の性格と地方法人課税の改革の方向性-------------------- 上村敏之
課税訴訟における要件事実論(第2回)──応用編・所得税--------------- 今村 隆
<信託と税制シリーズ:第2回(全3回)>
法人課税信託について--------------------------------------------- 佐藤英明
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第1回)
──オフショア・タックス・ヘイブンの現状と問題点----------------------- 本庄 資
    【海外論文紹介】  
  EU国家援助禁止規定とアゾレス自治州事件--------------------------- 吉村政穂
金融商品・企業組織再編・企業再生に係る文書回答・事前照会について(下)--- 山川博樹
所得税の税収調達機能-------------------------------------------- 林 亮輔
林 宜嗣 
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・米国・EU・英国・ルクセンブルグ・タイ・中国・台湾・オーストラリア・  
ニュージーランド]
実務講座法人税
  排出権取引に係る課税関係---------------------------------------- 窪田悟嗣
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ


2010/9

租税研究(第731号)
SEPT

CONTENTS
     
論調
  菅首相の消費税「敗戦」---------------------------------------------- 坂本裕寿
    産業構造ビジョン2010----------------------------------------------- 柳瀬唯夫
平成22年度の法人税関係(含む政省令事項)の改正について--------------- 佐々木浩
高速道路無料化案に関する論点整理----------------------------------- 中里 透
地方の法人課税はなぜ望ましくないか─法人擬制説の立場から------------- 八塩裕之
課税訴訟における要件事実論(第1回)─基礎編--------------------------- 今村 隆
<信託と税制シリーズ:第1回(全3回)>
19年改正の概観と受益者等課税信託について---------------------------- 佐藤英明
国際課税
  移転価格税制の執行をめぐる最近の状況-------------------------------- 安井欧貴
外国子会社合算税制について──わが国の改正と英国との比較検討-------- 青山慶二
    【海外論文紹介】  
  「受益者」の意義についての概観--------------------------------------- 本田光宏
IFA北東アジア3国(中日韓)租税会議の報告----------------------------- IFA日本支部事務局
金融商品・企業組織再編・企業再生に係る文書回答・事前照会について(上)--- 山川博樹
欧州連合司法裁判所の動向─人・サービス・資本の自由移動と加盟国税制---- 坂巻綾望
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・ドイツ・英国・スイス・スウェーデン・ロシア・エジプト・インド・中国・フィリピン・  
オーストラリア]
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ


2010/8

租税研究(第730号)
AUG

CONTENTS
     
論調
  日はまた昇るか--------------------------------------------------- 川北隆雄
    地方税の現状と課題------------------------------------------------ 滝本純生
学級編制及び教育財政の見直しの方向性----------------------------- 中野英夫
工事契約-------------------------------------------------------- 成松洋一
地方法人課税の現状と課題について─地方消費税との関係を念頭に置いて---- 平木 省
<税法解釈適用シリーズ(全4回)>第4回:租税回避行為の否認
─過去の課税事例からその限界を探る-------------------------------- 大淵博義
平成22年度税制改正の実務ポイント----------------------------------- 平川忠雄
グループ法人税制の概要とその対応----------------------------------- 諸星健司
国際課税
  国際課税をめぐる最近の状況について---------------------------------- 柳澤 聡
国際課税制度に係る最近の改正事項等について------------------------- 石橋基志
OECDと国連のモデル租税条約の比較--------------------------------- 青山慶二
2010年度オーストラリア税制改正の動向
─ヘンリー報告書、連邦政府予算案を中心に---------------------------- カーンズ裕子
    【海外論文紹介】  
  出国課税とOECDモデル条約:オランダ及びイタリアの視点------------------ 一高龍司
第174回通常国会において提出・承認された租税条約の概要---------------- 租研事務局
2000年メキシコ合衆国モデル租税条約--------------------------------- 横浜国際租税法研究会
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・EU・英国・フランス・イタリア・ケニア・IFA・中国・ニュージーランド・ブラジル]  
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ


2010/7

租税研究(第729号)
JULY

CONTENTS
     
論調
  ギリシャ危機は対岸の火事だ------------------------------------------ 大林 尚
    出口戦略と日本経済------------------------------------------------ 岩田一政
中国における大企業管理と国際課税について---------------------------- 張 志勇
賀 連堂
夏 光宇
最近の国際課税の動向----------------------------------------------- 杉江 潤
子持ち既婚女性が支持する少子化対策--------------------------------- 和泉徹彦
リース会計基準と法人税法の対応-------------------------------------- 成道秀雄
地方税制における納税環境の実態と課題(大阪市税務行政の現状)--------- 藤原稔之
事業再生に係るDES(Debt Equity Swap:債務の株式化)の税務上の評価方法について- 藤井敏央
個人株主から見た,配当控除と外国税額控除の異同と政策の当否--------------- 木村弘之亮
<税法解釈適用シリーズ(全4回)>第3回:著名判決の動向と問題点----- 大淵博義
自己株式の取得の際のみなし配当課税問題------------------------- 大島恒彦
企業会計上の収益認識の論点整理と税務上の取扱い---------------- 松岡寿史
国際課税
  平成22年度の国際課税関係(含む政省令事項)の改正について------------ 灘野正規
国際課税に関する現状と課題------------------------------------------ 水野時孝
    【米国法人税制(第17回)】
租税回避スキームとその防止対策?(4)
─外国法人を利用した租税回避スキームと防止規定---------------------- 本庄 資
OECD移転価格ガイドラインの改定と日本企業の取るべき対応---------------- 望月文夫
    【海外論文紹介】  
  国際的な租税紛争解決の改善--------------------------------------- 池田義典
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・イタリア・フランス・米国・カナダ・オーストラリア]  
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ